桐生出張 2017 , 2月 , 10

先週、桐生の工場さんへ出張へ行ってきました。

いつもお世話になっている刺繍の工場さんとニードルパンチの工場さんへ。

それぞれ個性のあふれる素敵な工場さんでした。

機械の動く工程や、お見せいただいた生地はもちろんのこと、

お手製のサンプル生地を大胆にカーテンにしている光景など、

そこにしかないものがあふれていてかっこいいなと思うばかりでした。

連れて行っていただいた桐生織物記念館というところも

テキスタイル好きにはたまらない場所でした。

いろいろな種類の織り機や生地が展示されていて、

建物自体もレトロな感じが素敵な場所でした。

桐生のみなさま、ありがとうございました!

 

spring sign 2017 , 1月 , 30

今日はとても暖かい1日でしたね。

4月中旬並みの気温だったらしく、コートなしでも大丈夫なくらいでした。

KDSの植物たちも喜んでいそうです。

そろそろ春のアイテムが気になる季節です。

KDSからも心弾むようなアイテムを発信予定ですので

ご期待ください!

 

 

tokyo psychedelic tropical 2017 , 1月 , 27

今日はただ今企画まっただ中の
ジャカードのデザインについてすこし書きます。

ここは東京のとあるところ

冬でも南国にいるようです。

このモンステラのイメージと

アスファルトに流れたオイル

このイメージをドッキングした
サイケデリックな植物柄をただ今サイケデリックな職人の方と企画中です。

どんなものが出来上がるかたのしみです。

CIRCULAR KNITTING👚 2017 , 1月 , 25

今日は、ニットの中の 丸編み についてお話をしたいと思います!

昨年12月に、尾州の丸編み工場さんへ初めてお邪魔しました。

ニットというとセーターやカーディガンがよく連想されると思いますが、
ニットには、大きく分けて緯(よこ)編みと経(たて)編みがあります。
緯編みは、さらに横編みと丸編みに分けられます。

丸編みは、1本の糸でぐるっと横に丸~く編まれる技法です○○◯
丸編み生地は、よくカットソー(Tシャツ)に使われる事が多いです。

丸編みの印象は、カットソーのようなシンプルで
ソリッドな生地をイメージしていたので、
今回訪問した工場さんで見たサンプルで、
初めて丸編みの可能性☆を発見できました!
様々な組織や、パイル調、カットJQのような表情など
見ていて楽しい素材がたくさんありました◎
色々と想像が膨らみます。

丸編みの機械も圧巻で、ぐるっと糸が設置されています。
普段よく見ている織機よりも、より近未来感がありますね。

これだけ針数があるので、糸を準備するだけでも大変だそうです。
毎度、工場訪問の時は、職人さんの苦労に頭が上がりません。。


最後に、なかなか見れない丸編み中の動画を。
下リンクをクリックで見れます◎
CIRCULAR KNITTING MACHINE

日本には、まだまだ沢山の産地や技術があります。

貴重な日本の技術を絶やさないよう、
微力ながらも何か力になれるように、
毎度、出張の時は身が引き締まる想いです。

 

ミラノ出張 2017 , 1月 , 23

先日、ミラノへ出張してきました。

ミラノでは、KANAコレクションをメゾンへプレゼンテーションをしに行きました。

KANAコレクションは毎シーズン日本各地のメーカーと開発してテキスタイルコレクションを制作し、主に海外メゾンに販売しています。

今回も幅広く、個性的なKANAの生地を驚いてくださり、興味深く見ていただきました。

今後も驚きに溢れた挑戦的な生地作りをしていきたいと思います。

 

一日時間をいただき、ショップリサーチにも行きました。

面白い間の取り方や、見た事のない素敵なディスプレイに目がひかれました。

今後KDSで展示会企画がある際にも、見る人が楽しめる素敵な空間を目指したいと感じました。

 

 

新年のご挨拶 2017 , 1月 , 5

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年は産地の次世代に繋ぐ事業やメーカーさんの価値を伝えるブランディングの仕事や

海外販売向けの企画開発に多く関わりました。

お世話になった皆様、大変ありがとうございました。

社会が変化する中で、企業も人々の気持ちも変化していきます。私たちの考えも仕事も環境も変化していきます。

過去を大切にしながらも、常に未来を想像し、

前向きに物や人や歴史を繋いでいく事がKDSの役目です。

社会に良い提案が出来るように、私達は日常の暮らしを大切にして今年も様々な課題と向き合い、

デザインからチャンスを生み出していきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

梶原 加奈子

十日町 2016 , 11月 , 14

先週は振り袖メーカーさんを訪ねて、新潟の十日町に行ってきました。

職人さんが生地に金彩加工を施す作業中のところを見学させて頂いたり、

膨大な量の図案アーカイブを拝見したり、

日本のテキスタイルの美しさにあらためて感動しました。

オリンピック開催に向けて、世界からもより一層注目されるであろう日本のものづくり。

私たちも伝統と歴史を受け継ぎながら、今だからこそ提案できるデザインを発信していきたいなと思いました。

 

%e5%8d%81%e6%97%a5%e7%94%ba

街のすぐ向こうには山。紅葉がきれいで嬉しかったです!

 

 

岡山出張 2016 , 10月 , 17

先週、岡山に出張に行ってきました。

岡山県の児島地域は国産ジーンズの発祥の地として、世界的にもとても有名です。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-21-45-11
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-21-45-34

児島駅は階段もコインロッカもジーンズのプリント。ジーンズだらけの街でした。

染色過程を拝見させて頂きました。

img_7725

空気に触れて酸化し、藍色に変化していく様子がとても綺麗なグラデーションでした。

それぞれの産地で古くから大事にされている技術に触れると
その技術を少しでも多くの方に伝えていくことが出来たらなと感じます。
今回は海外のお客様と一緒に訪問したのですが、海外でも認められる技術が日本には沢山あって、
その橋渡しが少しずつでも出来ていることがとても嬉しいです。

訪問させて頂いた工場の方々、色々と説明をして頂きありがとうございました。

 

Linen Fruits フェア CLASKA Gallery&Shop “Do” たまプラーザ店 2016 , 8月 , 12

お知らせが遅くなりましたが、

CLASKA Gallery&Shop “Do” たまプラーザ店にて

リネンフルーツのフェアが開催中です!

暑い日が続きますが、リネンの寝具はさらりとした肌触りが気持ち良く

快適な眠りに誘ってくれるこの時期のおすすめアイテムです。

 

その他キッチンクロスなどリネンフルーツの人気商品が数多く揃っていますので、

週末のお買い物にぜひお立ち寄りください。

 

* * * *

Linen Fruits 2016 Collection

CLASKA Gallery&Shop “Do” たまプラーザ店にて

8月15日(月)まで

詳しくはこちら

* * * *

 

今治・大阪・京都 出張 2016 , 7月 , 29

この間、昨年末から始動しているプロジェクトの商品企画で出張に行ってきました。

まずは、タオルの企画で今治へ。
タオルの企画は何度も経験しているのですが、奥が深く、とてもマニアックで毎回新しい気づきがあります。
工場さんによってこだわりのポイントが違い、タオルは、社長の人柄がもっとも素材に影響を与えるもののひとつだと感じています。

空から見る瀬戸内の島。
穏やかな気持ちになり、景色に癒されました。

photo3

photo2

大阪へ移動。
翌日は人工芝の工場さんへ。
初めて見る機械に感動と驚きでした。
主にレクリエーション施設や、スポーツ競技場、カーマットなどで扱われる素材です。
細やかに用途に合わせた調整をされていて、スポーツ競技の種類によっても毛足の長さ、密度、滑りの良さなどを研究されていました。
今後、人工芝を見る視点が変わりそうです。

京都へ。
120年つづく老舗の西陣織りの機屋さんへ。
高い技術を継承すべく、新たな素材開発で世界に目を向けた発信することにも取り組んでいらっしゃいます。

伝統工芸士の職人さんに袋西陣の説明をしていただく貴重な経験をさせていただきました。
実際に見せていただき、その技術の高さを目の当たりにしました。
繊細できらびやかな図案が西陣織りの魅力でもあり、何種もの糸を使い分けて織り進めていきます。
間違えたら大変、、と思ったのですが、大体図案が頭に入っていらっしゃるそうです。

社長に聞いた話によると、織る方はもちろんですが、その背景には、織るまでの工程を準備する方々がいて、その作業をする人が少なくなってきてしまっているそうです。

photo1

色々な産地に行って感じることですが、その土地で大切に自然に伝承されてきた技術があります。
魅力を伝えて発信することで、知ってもらうこと、関心を持ってもらうことが、私たちにできることの1つかなと思います。

今回の出会いに感謝し、大切にしたいと思います。

ページトップへ