亀田縞

  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic

江戸時代から続く新潟・亀田地域の伝統織物
「亀田縞」を現代に甦らせ、約200柄を
復刻させ、地域団体商標登録を取得した亀田繊維工業共同組合。
そこでセールスプランを担う(有)ケイティシー。

未来に向けた新たな試みとして、
従来の亀田縞に新しいエッセンスを加え、
今までにない多彩な縞のテキスタイルを開発しました。
現代の生活になじむプロダクトに仕立て、
幅広い層のお客様に向けて提案しています。

KDSはテキスタイルデザインを提供している他、
プロダクト開発のアドバイスを行っています。

Client&Partner :  亀田繊維工業共同組合、(有)ケイティシー
Place :  新潟

Project : Kameda‐jima

Kameda-Seni industry cooperative society and KTC, a weaving mill, revived ‘Kameda-jima’, traditional woven striped textile, from Edo period (AD1696~1867) in Kameda area, Niigata prefecture, and reproduced about 200 original striped patterns. The mill, by applying its new innovations to the traditional textile, created colorful Kameda-jima striped patterns that have not been seen yet, opening its new possibility. Final products, which attract a wide range of consumers, are available in modern designs that suit the present-day life. KDS provided textile designs and served as an adviser on product development.

Client&Partner : Kameda-Seni industry cooperative society, KTC

Place : Niigata Pref

ページトップへ