mulhouse

  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic

フランスの「ミュルーズ染織美術館」はコレクションの豊富さ、質の高さにおいて世界に類を見ないプリントの美術館。18〜19世紀を中心とした室内装飾や服飾のデザイン画、染織見本を中心に、ヨーロッパだけでなく広く世界の染織資料約600万点が収蔵されています。
「ミュルーズ染織美術館」のマスターライセンシーである西川産業株式会社から、美術館の柄をファッションアイテムに使用出来るサブライセンスを豊島株式会社が取得。美術館の膨大なアーカイブの中から厳選されたプリント柄を現在に甦らせ、日本のファッションクリエイターに提供出来るようになりました。

KDSは、美術館のアーカイブ資料の中から柄をセレクトするためのテーマや方向性の監修をしています。また「ミュルーズ染織美術館」を伝える冊子のデザインや、クライアントに向けて、柄のアレンジ提案、配色提案なども行っています。

Client :  豊島株式会社
Master licensee :  西川産業株式会社

Project : MUSÉE DE L'IMPRESSION SUR ÉTOFFES MULHOUSE

Museum of Printed Textiles at Mulhouse ( Musée de l'impression sur étoffes de Mulhouse ) in France is a museum specialized in textile printing, which no other museum is not even remotely equivalent to in terms of rich premium collection.
The Museum has collected over six million printed textiles consisted of design, dyeing, and weaving samples of interior decorations and clothing from mainly the 18th and 19th centuries timewise and from Europe as well as all over the world areawise.
Toyoshima&Co.,Ltd. acquired sublisence which allows them to use the patterns and fashion items owned by the Museum from Nishikawa Sangyo Co.,Ltd, its master licensee. Now Toyoshima&Co.,Ltd. is qualified for access to its enormous archives to revive printing patterns rigorously screened and selected out of them for Japanese fashion creators to make full use of.

KDS has been supervising the works and processes of selecting patterns out of archive materials of the Museum and assisting to decide the overall direction for selection. We also design the booklet to introduce the Museum to wider circles and suggest arranged patterns and coloring to our clients.

Client : Toyoshima&Co.,Ltd.

Master licensee : Nishikawa Sangyo Co.,Ltd.

ページトップへ